arrow-bigarrow-circlearrow-link-beigearrow-linkarrowdecoicon-arrow-breadicon-arrow-lefticon-arrow-righticon-book-blueicon-bookicon-facebookicon-instagramicon-lineicon-linkicon-mapicon-movieicon-newicon-note-blueicon-note-orangeicon-note-yellowicon-noteicon-penicon-pickupicon-plusicon-recommendicon-searchicon-seminaricon-tagicon-twittericon-yakuinicon-youtubeillust-cheer-buttonsp-menu-illust
お金・確定申告

【女性の平均給料は?】年収を増やすには副業がおすすめ!

この記事を書いた人 アイコン
三木 一実
応援したい!
って思ったらクリック
3556

女性も外で働くのが一般的な時代となりました。

でも、家事や育児に介護など、家のことだけでも女性にはやることがたくさんあります。

そんな現代で働く女性として、

  • 「毎日、仕事に家事、育児と頑張っているけど今の収入は多いの?少ないの?」
  • 「他の人たちは、どれぐらい稼いでるんだろう」
  • 「どうしたら、今以上に稼げるのかしら」

などと、考えたことはありませんか?

会話 アイコン

かくいう私もこの疑問を抱えながら生活している2児の母です。

この記事を読んで、働き方や収入について考えていただき、少しでも収入を上げてもらうきっかけにしていただけたらと思います。

働く女性の割合は?

おすすめ

最初に、あなたを含めどれだけの女性が日本で働いているかを確認しておきましょう。

厚生労働省が出している令和3年版働く女性の実情によると、女性の雇用者数は2,717万人、雇用者総数の44.5%を占めています。

女性雇用者総数(役員を除く)の内訳は、

正規の職員・従業員46.4%
非正規の職員・従業員53.6%

男性の場合はこちら。

正規の職員・従業員78.3%
非正規の職員・従業員21.8%

働く女性の半分以上が「非正規の職員・従業員」なのに対し、男性は「正規の職員・従業員」が約8割という実態!

このことからも、女性が男性のようにフルタイムで働くのは、難しいのだとわかりますね。

勤務時間の平均

オフィス

続いて、実際どれぐらいの時間働いているのか、フルタイムとパート(時短勤務)に分けて見ていきましょう。

ご自身の労働時間と比べてみていかがでしょうか?

フルタイムの勤務時間

月平均労働時間約166時間
出勤日数平均約20日
データ引用元:毎月労働統計調査令和4年11月分|厚生労働省

あくまで平均値ですが、1日にすると平均8.3時間の労働です。通勤時間なども考えれば、もっと拘束されることになりますね。

私が結婚前に、フルタイムで働いていたときは、7時に出勤して19時に退勤と12時間勤務も珍しくありませんでした。しかも、通勤に往復2時間かけていたんですが、2児の母となった今では、そんな働き方は絶対に無理です。

パートの勤務時間

月平均労働時間約80時間
出勤日数平均約14日
データ引用元:毎月労働統計調査令和4年11月分|厚生労働省

こちらは、1日平均5.7時間となります。扶養内で働くとなると、妥当な時間や日数と考えられます。

私は現在、扶養内勤務のため平日の日中5時間を仕事に使っています。扶養内とはいえ、もっと時給が高ければ日数や勤務時間を減らせるのに…と、毎日のように求人を眺めていた時期もありました。

お給料の平均

次に、女性のお給料の実態をいろいろな角度から見ていきましょう。男女では、正規・非正規の比率が大きく違ったので、お給料にも大きく影響していそうですよね、

男女の賃金の差

会社

国税庁による令和3年分「民間給与実態統計調査」を参考にしてみました。

【平均給与所得額の推移(男女別)】

男性女性
令和1年539万7000円295万5000円
令和2年532万2000円292万6000円
令和3年545万3000円302万円

こちらのデータは給与所得者(正社員と正社員以外)のお給料の平均を出している数値です。

どの年も男性の方が賃金は高く、女性に比べると1.5倍以上にもなります。

フルタイムかつ正社員で働ける人の比率の高い男性と比べると、どうしても女性はお給料が減ってしまうのでしょう。

雇用形態別でみた賃金の差

お金

こちらも上記と同じ調査結果によるものです。

【平均給与所得額の推移(雇用形態別)】

正社員・正職員正社員・正職員以外
令和1年388万9000円152万2000円
令和2年383万7000円153万2000円
令和3年388万9000円162万3000円

いずれの年も正職員と正職員以外では2.5倍近い賃金の差があるのがわかります。

正社員以外の場合、「扶養内で働く」という選択をする女性が増えることも影響しているのでしょう。

そうなるとお給料はガクッと下がりますよね。

会話 アイコン

私もパート勤務で、毎月扶養の範囲を超えないようにと調整しながら働いています。

業種別でみた賃金の差

お金

次は、業種でお給料の差があるのかをみてみましょう。dodaが2021年9月〜2022年8月の1年間にdodaサービスに登録した約56万人の平均年収のデータを業種別に集計した調査結果です。

【業種別の平均年収】

平均年収
金融383万
メーカー372万
総合商社366万
IT/通信383万
建設/プラント/不動産357万
インターネット/広告/メディア370万
専門商社348万
メディカル348万
サービス/326万
小売り/外食309万
データ引用元:業種別に見る日本の平均年収(平均年収ランキング最新版) |転職ならdoda(デューダ)

1位は「金融」、「IT/通信」の383万円、最下位は「小売り/外食」の309万円です。

ここ数年、サービスや小売り/外食は緊急事態宣言などコロナの影響をもろに受けたのは外食産業ですね。
私の身近にも、サービス業の仕事では将来が不安だからと、転職をする方もいました。

年齢別でみた賃金の差

給料明細

個人の能力が評価される時代になったとはいえ、日本は年功序列が残っている会社も。実際、年齢はお給料に大きく影響しています。こちらもdodaの調査結果を参考にしています。

【年代別の平均年収】

年齢平均年収
全年代347万円
20代319万円
30代377万円
40代400万円
50代以上424万円

年齢が上がれば収入も増えていくことが多いようです。

女性が年収を上げるのは難しい!?

はてな

ここまで紹介してきた内容から、女性は男性と比べるとどうしても給料が低くなる傾向にあります。
その理由としては、以下があげられます。

  • 家事や育児で労働時間に制限がある
  • フルタイムでの勤務、残業や休日出勤などの賃金の上がる夜勤なども難しい
  • パート勤務など時短の働き方を選択する人が多い
  • 出産や結婚による退職でのキャリアのストップ
  • 産休や育休の取得による一時的なお給料のダウン
  • 復帰後のブランクによる昇進の遅れ

私も2児の母ですが、家事や育児をないがしろにして、仕事に打ち込むことは現実的に無理です。

家庭と仕事の両立、これが多くの女性の目指すところだと思います。

ですが、両立しながらさらにお給料をアップをするのは、簡単なことではないという事実があります。

収入アップのためにできること

ポイント

ここからは、時間的な制約のある女性が、少しでも収入アップのために出来ることをご紹介していきます。

昇進

役職がつけば、責任も責任も伴う分、給料はあがるもの。では、実際にどれくらい収入が上がるのか見てみましょう。

【役職別の平均賃金(男性)】

役職賃金年齢(歳)勤続年数(年)
部長級58万5800円52.822.8
課長級48万4600円48.720.8
係長級37万6700円45.118.1
データ引用元:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

【役職別の平均賃金(女性)】

役職賃金年齢(歳)勤続年数(年)
部長級49万7200円53.119.2
課長級42万2100円4918.9
係長級33万4700円45.917.1
データ引用元:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

勤続年数や年齢が上がるに応じて役職も上がり、収入は約7〜10万円ほど上がっています。

平均値なので、会社によって違うとは思いますが、勤続年数や年齢の数値を見てもらえばわかるように、今すぐお給料を上げる事にはつながりません。同じ会社で長年働き続ける必要がありそうです。

ここでいう「賃金」は、6ヶ月分の所定内給与額の平均になります。
「所定内給与額」とは、決まって支給する現金給与額のうち、① 時間外勤務手当、②深夜勤務手当、③休日出勤手当、④宿日直手当、⑤交替手当を差し引いた額で、所得税等を控除する前の額をいいます。

高収入の職場へ転職

業種別の賃金差でご紹介したように、業種によって年収は変わってきます。

もし今の年収に満足できていない、仕事を変えたいと考えていらっしゃるなら、高収入が期待できる業種への転職を考えてみるのも1つの方法ですね。

収入アップが見込める資格の取得

パソコン

会社によっては資格を取得することで「資格手当」がもらえる場合もありますよね。

会話 アイコン

私は医療事務のパートで、資格があるかないかで時給が違ったので、通信教育で医療事務の資格を取り、高い時給をもらいました!

また、専門の資格やスキルを取得することで、開業(自営業)して働くことも可能です。

自営業になれば、価格を自分で設定できるので時間単価をあげて効率よく稼ぎ、高収入を目指すことも可能になります。

資格に興味を持った方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

副業

会社員として働きながらスキマ時間で副業をする方法もあります。

会社員として働くスキルを活かせたり、趣味の分野を活かしてみたりと副業にもいろいろあるので一度自分に合いそうなものを探してみてはいかがでしょうか。

今以上に稼ぐには副業がおすすめ

パソコン

ここまでいろいろとご紹介してきましたが、今以上に収入を増やしたいならおすすめは副業です!

副業は今では国も推奨しており、ガイドラインも作られています。

もちろんすべての会社が副業を認めているわけではないと思いますので、会社の規定はよく確認してくださいね。

もし、あなたの会社が副業を許可していれば、ぜひ挑戦してもらいたいです。

副業がおすすめな理由は、

  • 昇進、転職のように時間や労力も少なくて済む
  • 今の仕事と両立して始められる
  • 自分の趣味や得意を活かせる
  • 新しいことにチャレンジできる
  • 何があるかわからない時代だからこそ収入の柱を増やしておくリスクヘッジ

私はパートの収入だけでは不安だったことや、今後このままの人生を送るのが、全然楽しくないと思ったので、副業を始めました。

「副業始めたいな」

「副業ってどんな仕事があるの?」

と思われた方はこちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

女性の平均年収は、ご自身の今の働き方や収入と比べてみていかがだったでしょうか?

私自身、結婚・出産と人生の転機を迎えて働き方も収入も変化してきました。

子供が2人いると風邪を引いて、順番にうつってしまうだけで、4,5日仕事を休まないといけないなんてこともあります。

予期せぬ事態で、わずかな有給休暇もあっという間に消えてしまい、女性が安定して働きながら、収入を上げていくのは難しいなと身をもって感じました。

でも、副業を始めて良かったことは、収入だけではありません。「自分ってこんな仕事が好きだったんだな」という発見が、30代であったんです。だから、30代でも、40代でも副業を始めるのに遅いということはありません。

今の働き方や収入に疑問を感じている、もっと収入を増やしていくにはどうしたらいいの?と考えている女性のみなさんに、この記事が働き方を見直したり収入を上げてもらえるきっかけになれば嬉しいです。

この記事を書いた人 アイコン

この記事を書いた人

三木 一実

好きなこと:なにかを作ること、家族、ゲーム、歌う事 結婚、出産前は仕事で土日出勤、夜勤で日付が変わって帰宅なんてことも普通だったのに。 子供ができてからはそんな働き方は絶対無理!条件のあう職場は安い時給でパート勤務… 私こんなことがしたかったんだっけと、ふと思ったんです。 もっとしたいことはたくさんあるはず、子供とももっと一緒に過ごしたい! なにかないかと“副業”、“在宅”、“資格”といろいろ検索はしてみたものの、 なにか始めるにはお金もかかるし今までとは違う生活が始まる変化やリスクを恐れ、調べるだけで終わる日々でした。 ある日心に余裕がなくなっていた私は娘にきつく当たってしまい、泣いている姿を見て謝りながら「今のままじゃなにも変われない!」と勇気を出して一歩踏み出してみました。 現在は“広告プランナー”、“在宅秘書”、“ライター”とまだまだ勉強しながらですが自分が夢中になれる様々なお仕事にチャレンジし報酬も得られるようになって、子供からもお母さんみたいにお仕事がしてみたいと言ってもらえました。 将来一緒にお仕事ができたら楽しいだろうなと、ひそかな夢を持っています。 クライアントさんに喜んでもらい、私のように変わりたいと思っている女性の応援など自分も仕事を楽しみながらさらにスキルアップして活動の幅を広げたいと思っています。

女性の生き方応援レシピ CheUP!
オンライン講座で
趣味や経験を
生かせる方法を
一緒に探そう!

セミナー情報

過去のセミナーコンテンツを一部公開!

わくわく!未来マップ

みんなのチーアップ体験談をご紹介!