arrow-bigarrow-circlearrow-link-beigearrow-linkarrowdecoicon-arrow-breadicon-arrow-lefticon-arrow-righticon-book-blueicon-bookicon-facebookicon-instagramicon-lineicon-linkicon-mapicon-movieicon-newicon-note-blueicon-note-orangeicon-note-yellowicon-noteicon-penicon-pickupicon-plusicon-recommendicon-searchicon-seminaricon-tagicon-twittericon-yakuinicon-youtubeillust-cheer-buttonsp-menu-illust
在宅でできる副業図鑑

未経験の在宅副業ライターにオススメのサイト10選!初心者でも案件獲得がしやすい

この記事を書いた人 アイコン
高橋奈々恵
応援したい!
って思ったらクリック
2963
  • 本業だけではお金が足りない!
  • 未経験からでも始められる副業、在宅ワークを見つけたい

と思っている方も多いのではないでしょうか。

近年の物価高騰により、家計は苦しくなるばかり・・・すぐにでも収入を増やしていきたいですよね。

そこでおすすめしたいのがWebライターのお仕事。私自身、介護をきっかけに、本業の傍ら未経験からWebライターになりました。

この記事では私のように、未経験からでも始められるライターのお仕事内容初心者OKのおすすめの募集サイト10選を紹介します!




副業できるWebライターのお仕事って?

テレワーク_働き方

Webライターの仕事はWeb媒体に掲載する文章を書くことです。

「文章が書ければ、未経験からでも始めやすい仕事」と言われていますが、具体的に何をしているのでしょうか。

ここでは以下の内容をお伝えします!

  • 仕事の流れ
  • 仕事の種類   
  • 必要な事前準備
  • ライターの魅力



仕事の流れ

流れ

Webライターの仕事は書くことがメインのように思えますが、実際には企画や情報収集、時には取材などを行います。お仕事の流れは大きく分けて4つです。

STEP1 記事内容の確認

Webライターは書きたいことを自由に書けるわけではありません。「どんな記事が今求められているのか」読者のニーズを把握し、記事の内容を検討します。 

STEP2   情報収集

書く内容が決まったら、執筆に必要な情報収集です。ときにはインタビューなども行うことも。

STEP3   執筆

集めた情報をもとに、記事を執筆。読者のニーズに応える記事作りを心がけることが大切です。

STEP4   提出

完成したらクライアントに提出し、確認してもらいます。必要に応じて修正を行い、完了。 

会社によって仕事の進め方は若干変わることもありますが、こちらが基本の流れと考えて構いません。




仕事の種類

ライター

Webライターの仕事は多岐に渡ります。以下に主な仕事の種類をまとめました。

  • SNS投稿作成
  • SEOライティング
  • インタビュー、記事作成
  • イベントレポート
  • オウンドメディア記事
  • セールスライティング

SEOライターはキーワード検索で上位表示させるための記事を書く必要があり、セールスライターは商品購入に導くスキルが必要です。

最初は自分の趣味や得意分野など、身近なテーマの短い文章から取り組んでみましょう。




ライターになるために必要な準備

パソコン

Webライターはパソコン1台で仕事ができます。でも実際には、ネット環境や文章作成ソフトなど、事前に確認しておきたいことも。

ここでは私のライター経験から、「最低限これだけは準備してほしい!」というものだけを厳選しました。




パソコン

スマートフォンでも文章は書けますが、パソコンの方が断然効率よく仕事ができます。高スペックのパソコンを購入する必要はありません。

ネット環境

Webライターにはネット環境が必要不可欠です。クライアントとのやり取りなど、基本オンライン上で行います。フリーWi-Fiを使用すると、情報漏洩のリスクがあるため、必ずご自身でネット環境を用意しましょう。

文章作成ソフト

書いた記事は、クライアントの指定するファイル形式で提出します。WordまたはGoogleドキュメントで納品することが多いです。私の経験上この2つさえ使えるようにしておけば、仕事に支障がでたことはありません。

Googleアカウント

Googleドキュメントを使用する場合、必ず必要になります。他にも、クライアントとGoogleドライブでファイルの共有もできるので大変便利です。




在宅でできるライターの魅力

パソコン

ライターの仕事には、たくさんの魅力があります。ここでは副業で現役ライターとして活躍中の先輩に取材し、特にお伝えしたいライターの魅力をまとめました。




  • 時間と場所が自由

自分のペースで、好きな場所、好きな時間に稼げます。本業が忙しい、体調が悪い時などは働く時間をセーブでき、仕事の量をコントロールできるのも魅力。私の場合は本業と介護の合間に仕事ができるので、とても助かっています!




  • 新しい知識が増える

ライターは執筆ジャンルによっては、自分が今まで関わりのなかった分野を学び読者に伝えます。そのため知らない世界が見れて、新しい知識を頭に入れることが楽しいというお話も。またインタビュー記事を執筆している先輩からは、普段の仕事や生活では関わらないような人達の話を聞けるのが面白いという意見もありました。




  • 初期投資をしてしまえば、維持費がほぼかからない

「ライターになるために必要な準備」のところで触れたように、最低限揃えておきたい道具は4つだけ。それさえあれば維持費もほぼかからず、お仕事ができます。

会話 アイコン

他にも「別の仕事と並行してライター活動をしているので、気分転換になる」などの意見もありました。書くことが好きな方にとっては、まさに「楽しい」を仕事にできる。それがライターの魅力ですね。




初心者でもOK!おすすめの募集サイト10選!

ライターの募集サイトはたくさんあります。自分に合ったサイトに応募しないと、なかなか案件がもらえないことも。

ここでは未経験の人でも副業で応募できるおすすめのライター募集サイト10選をご紹介します。

各募集サイトの特徴の他に、

  • 仕事獲得までの流れ
  • 文字単価目安
  • サポート体制の有無
  • おすすめポイント

を記載していますので、参考にしてください。




ココナラ

ココナラ

自分のスキルを気軽に売り買いできるサイトです。

  • SEO対策重視のライター
  • 女性向けの記事執筆が得意のライター
  • ゲームに特化したライター

など、自分が得意としている分野を売りにして、スキルを出品できます。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
スキルを出品
顧客から問い合わせがきて受注
文字単価目安1文字0.1~1円
※上位表示されている出品者の平均単価は1~2円
サポート体制メール対応あり
おすすめポイント自分の得意ジャンルから執筆できる

未経験から始める場合、文字単価はどうしても低くなります。まず選ばれるライターになるために、経験を積み良い評価をしてもらうことで、単価アップを狙いましょう。自分が好きなことから書けるので、初心者でも始めやすいです。




クラウドワークス

クラウドワークス

ライター自身が希望の案件に応募します。ライティングだけでも11万件近い案件があり、比較的自分にあう条件が見つけやすいでしょう。

インタビューや取材記事、メルマガ作成など、仕事内容のバリエーションも多くありますよ。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
希望の案件を探し応募
仕事内容や報酬、納期を確認
条件があえば仕事開始
文字単価目安1文字1円前後。
専門的な知識を必要とする記事などは、難易度により2〜5円。
サポート体制あり
おすすめポイント低単価~高単価案件まで案件数が豊富

まずは登録して案件を見るだけでもOK。私も定期的に募集を見ていますが、高単価案件がどういったジャンルなのかなど勉強になります。




ランサーズ

ランサーズ

クラウドワークス同様、ライター自ら案件を探し応募するサイトです。実績次第で、直接指名されるチャンスも!

インタビューの記事作成、他にもメルマガやシナリオ・脚本作成など、様々な案件があります。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
希望の案件を探し応募
仕事内容や報酬、納期を確認
条件があえば仕事開始
文字単価目安1文字0.5~5円
サポート体制あり
おすすめポイント初心者でも仕事を獲得しやすい

文字単価は案件によって異なります。当然、高単価の案件はライバルが多いもの。それに比べ低単価案件は、応募者が少ないのでチャンスとも言えます。

「稼ぎたい!」なら、まずは低単価でも案件を獲得して実績を積み、高単価案件に応募してみるといいでしょう。




シュフティ

シュフティ

一言でいうと「ママさん向けのクラウドソーシング」です。主婦向けの案件が多いサイトを探しているという方におすすめです。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件を探し応募
仕事内容や報酬、納期を確認
クライアントに選ばれれば仕事開始
文字単価目安1文字0.5円程度
サポート体制あり
おすすめポイントサイトが使いやすく、在宅ワークが初めての人にも安心

始めのうちは収入は低いですが、「初心者歓迎」の案件もあるのでライターとして初めて仕事を受注する人には安心のサイトです。

シュフティの案件は会員限定で公開しているものが多いので、気になる方はぜひ登録してみてください。




フリーライターのよりどころ

よりどころ

キャリアや実績に合わせた案件を紹介してくれるサイト。未経験向けの案件もあるので、ライター経歴がなくても仕事を紹介してもらいやすいです。

ライターの得意分野に合わせた案件以外にも、インタビューに基づいて執筆する原稿などがある。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件を紹介してもらう
案件開始
文字単価目安1文字0.2~0.4円
サポート体制編集や校正あり
おすすめポイント安心のフォロー体制で経験を積める

一番の特徴は、フォロー体制が充実していることです。

編集者が「編集・校正」をして、間違いがあればライターに差し戻されます。ライターは間違いに気づけるので、仕事をしながらスキルアップが可能です。

また、ライター育成のためブログで情報を発信したり、不定期で勉強会を開催しているのも魅力。その一方で、文字単価は他サイトと比べると低いので「稼ぐため」ではなく「経験を積むため」に始めるのが良いでしょう。




Shinobiライティング

shinobiライティング

記事作成を外注したいクライアントとライターをマッチングするサイトです。コラムやキーワードについて解説する記事、ブログやホームページのタイトルを考える案件などがあります。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件を探し応募
記事を投稿
審査
採用後、案件開始
文字単価目安1文字1円未満
サポート体制なし
※スタッフによるサポートはなし。
 エディター機能あり。
おすすめポイント条件検索がしやすく、自分のやりたい案件をみつけやすい

初心者には嬉しいエディター機能が用意されており、誤字・脱字やキーワードの使用回数をチェックしてくれます。

仕事を始めたての頃は書くことに夢中で、誤字・脱字やキーワードの使用回数まで、気が回らないもの。

私はいまだに先輩にご指摘を受けます…。そのためエディター機能はまさにライターの味方ですね。




CACASEL Editor(カカセルエディター)

cacasel

Webライター向けに特化したクラウドソーシングです。ライティング案件以外にも、記事の編集や校正の仕事も取り扱っています。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件に応募
審査
採用後、案件開始
文字単価目安1文字1.5円以上
サポート体制あり
メッセージで相談できる
おすすめポイント高単価案件が豊富

高単価案件が多いのが魅力。その一方で高いライティング能力が求められます。また、しっかりとしたフィードバックがないため、慣れていないうちは戸惑うこともあるでしょう。

そのため初心者でも登録はできますが、もしまだ自信がない!という方は、他で実績を積んで、次のステップとして利用することをおすすめします。




ライターステーション

writerステーション

ライター案件を紹介してくれるサイトです。Webサイトのブログ記事や体験談、コラムなどを執筆します。

応募のとき、課題を提出する必要があり、合格すると仕事を紹介してもらえます。課題合格率は平均3割前後と、初心者にはハードルが高めです。

しかし再チャレンジができるので、ライターとしての今の実力を知りたい人には試してみてください。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件の紹介をもらう
仕事内容や報酬、納期を確認
条件があえば仕事開始
文字単価目安1円程度
サポート体制あり
Webライティングのテクニックを指導
おすすめポイント稼ぎやすく、かつサポート体制が充実

ライターステーションでは編集者からフィードバックをもらえます。ただ報酬をもらうだけでなく、ライターとしてスキルアップできることも魅力の一つですね。




ライティーチ

writeeeach

企業とライターをマッチングするサイトです。

  • ビジネス
  • 人事・労働
  • 保育・育児
  • 英語
  • 美容
  • フィットネス

など、自分の好きなジャンルを選べ、簡単なヒアリングもしてくれます。事前に仕事の進め方を確認できるので安心です。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
ヒアリング後ライターとしてのランクが決まる
案件を紹介してもらう
条件があえば仕事開始
文字単価目安1文字1~5円程度  ※実績、専門知識の有無により変動あり
サポート体制編集や校正あり
おすすめポイント頑張り次第で文字単価アップが見込める

入稿試験があり、合格すると案件を受注できる仕組みのため、文字単価は最低保障1文字1円と、他サイトと比べても高め。さらに8段階のランク制度があり、ランクアップすると文字単価が上がります。

頑張るほど収入としてかえってくると思うと、やりがいにもなりますね!




KACOO (カコー)

kacoo

Webライティングの仕事を紹介してくれるサイトです。

募集ジャンルには偏りがあり、

  • 美容
  • 子育て
  • 病気
  • 金融

などの案件がメインのため、書きたいジャンルがマッチしている方にはおすすめです。

仕事の獲得までの流れサイトに登録
案件を探し応募
トライアルテストを受ける
合格後説明を受け、案件開始
文字単価目安1文字3円程度
サポート体制あり
おすすめポイント執筆ジャンルは決まっているものの、サポート体制万全で初心者でもスキルを磨ける

大手よりも、スタッフのサポート体制が充実しているのも魅力です。スキルを上げるための動画マニュアルや、担当者による電話・メール・SNS対応もありますよ。




番外編 SNSでも案件は獲得できる!

紹介した募集サイト以外にも、SNSで自ら案件を獲得する方法もあります。

応募する

「ライター 仕事募集」などのキーワードで検索すると案件が見つかります。気になる案件は応募しましょう。すぐに仕事に繋がらなくても、別案件で声をかけてもらえることもありますよ。

自分で発信をして連絡を待つ

自分のライター歴やどんなジャンルが得意かなどをアピールしましょう。関係者の目に留まり、仕事の依頼が来るかもしれません。

SNSの活用法は、案件を獲得する以外にもあります。

  • 情報収集
  • ライター仲間との交流

など、初心者でもライター仲間ができるのも魅力。情報交換やイベント参加をすることで、自分のスキルアップにも繋がりますよ。




まとめ

初心者でも始められる、ライターの募集サイト10選を紹介しました。

私は未経験からライターデビューをし、初めはあらゆるサイトに登録しましたが、結局使いこなせずにいました。だからこそ、自分に合う募集サイトを選ぶことをおすすめします。

今回紹介したサイトをまとめると、大きく分けて2パターンです。

自ら案件に応募するクラウドワークス
ランサーズ
シュフティ
SNS
Shinobiライティング
依頼を待つまたは紹介してもらうココナラ
ライターステーション
ライティーチ
SNSKACOO
フリーライターのよりどころ
会話 アイコン

ライター募集サイトは多くありますが、自分の経歴を踏まえ自分に合ったサイトに登録しましょう。ライター歴に応じて、徐々に募集サイトを変えていくのもおすすめです。

この記事を書いた人 アイコン

この記事を書いた人

高橋奈々恵

学生時代から接客業一筋。 レストランやイベント会場、野球場、海外でツアーガイド、添乗員、英語講師などなど。 「接客業」と呼ばれるものはなんでもやってきました。 お客さまと対面で直接話して、寄り添うことが私の生きがい。 まさに私の天職だと思ってました。 ところがある日、父が脳梗塞で倒れ介護生活を余儀なくされ、時間に縛られず在宅で働ける仕事を探すことに。 「どうしても接客を続けたい」という気持が捨てきれず、100件以上の求人を見続ける毎日でした。 でも「自分のことを優先してる場合じゃない。早く働かないと!」とようやく決心し、飛び込んだのが在宅でできる”広告プランナー”、“ライター”という世界。 正直、家で黙々と言われたことだけするお仕事なんでしょ?と思っていたけど大違い。 むしろお客さまの悩みを解決していく、パートナーのようなお仕事で、一緒に悩んだり、喜んだり,,,と新たなやりがいに出会えました。 接客、広告、ライターも、お客さまに喜んでいただけるサービスを提供するのは同じことだと気づけたんです。 おかけでもう一度自分の接客魂に火がつき、今は介護を続けながらも楽しく働けています。 もし私のようにどんな環境でも自分らしく生きたい、やりがいを持ち続けたい、と思っている方がいたら「諦めなくていいんです」と言いたいです。

タグ別で探す

女性の生き方応援レシピ The Cheers
オンライン講座で
趣味や経験を
生かせる方法を
一緒に探そう!

セミナー情報

過去のセミナーコンテンツを一部公開!

わくわく!未来マップ

みんなのチーアップ体験談をご紹介!