arrow-bigarrow-circlearrow-link-beigearrow-linkarrowdecoicon-arrow-breadicon-arrow-lefticon-arrow-righticon-book-blueicon-bookicon-facebookicon-instagramicon-lineicon-linkicon-mapicon-movieicon-newicon-note-blueicon-note-orangeicon-note-yellowicon-noteicon-penicon-pickupicon-plusicon-recommendicon-searchicon-seminaricon-tagicon-twittericon-yakuinicon-youtubeillust-cheer-buttonsp-menu-illust
在宅でできる副業図鑑

【朗報】WEBデザイナーだけじゃ稼げない?〜イケてるデザイナーになる秘訣

この記事を書いた人 アイコン
野川 ともみ
応援したい!
って思ったらクリック

webデザイナーとして、これから在宅で働きたいと考えている方、webデザイナーだけで稼ぐのは大変?

という疑問について、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

目次

【朗報】WEBデザイナーだけじゃ稼げない?〜イケてるデザイナーになる秘訣

  1. webデザイナーに必要なこと
  2. Webデザイナーで稼げている人と稼げていない人の違いとは
  3. 2つ以上のスキルを掛け合わせて希少性をあげる
  4. まとめ

webデザイナーに必要なこと

野川さん_01

私は大学卒業してから、web制作会社の営業をしていました。

なかなかハードな会社で、営業だけどwebデザインも覚える必要があり、独学で勉強してたんですね。

外注の業者さんが見かねて、「webデザイン教えてあげるから会社が終わったら夜、うちにおいで」と声を掛けてもらい、webデザインを教えてもらい、できるようになりました。

会話 アイコン

そこで教えてもらった方法は、

本を一冊やりながら、わからないところは教えてもらうっていう感じでした。

あとは、文字修正、画像差し替えから教えてもらったので、簡単なホームページ修正が、すぐできるようになったのはありがたかったです。

その後、webデザイナーとして仕事をするときに心がけていたことは、「クライアントの意見が聞けるwebデザイナーになろう!」です。

それまで、会社で一緒にお仕事をさせていただいたwebデザイナーは、アーティスト気質で「この色はこうじゃないと無理!」など、こだわりの強い人が多かったんです。

立場としては、営業だったので、デザイナーにクライアントさんの意見を伝えると、意見が分かれてしまうことが何度もありました。

その時に思ったことは、デザイナーはアーティストではないということです。

クライアントさんの意見を取り入れつつ、情報を伝えるためにどう描けばいいのかを考えるのがデザイナーの仕事だと思っていました。

デザイナーが「これはこうあるべきだ」と主張することに違和感を感じ、私は営業ができるデザイナーになろうと決めてました。

webデザイナーとして独立した時は、クライアントと打ち合わせをしながら仕事を進め、作り上げることができたと思っています。

Webデザイナーで稼げている人と稼げていない人の違いとは

今はwebデザインも移り変わりが激しく、新しい技術も色々出てきています。

独立してwebデザイナーだけで稼げている人は2割ぐらいで、残りの8割ぐらいの人は、価格競争で安くしないとお客さんが来ない状況に陥っている人が多いです。

私自身もwebデザイナーに仕事を頼むとき、必ず頼むセンスのいい人がいます。

大好きなデザイナーさんのスケジュールに合わせて、仕事の年間スケジュールを組むくらい、頼りにしています。

実は、このデザイナーさんはお会いしたことも、話したこともなく、知り合いに頼み込んで紹介してもらいました^^

なので、お声も顔も知らないですし、チャットだけで依頼させてもらってます。

でも、チャットだけで、イメージをはるかに超えるデザインをあげてくださるので、大好きなんです。

そして、そのほかのさばききれない仕事をどのデザイナーへ頼むかは、

ズバリ、コミュニケーションが取れるWEBデザイナーです。

会話 アイコン

webデザインだからセンスだけを磨けばいいってことではないですよね。やっぱり、人と人とでお仕事をしているのでコミュニケーションが取れるwebデザイナーさんは、すごく重宝されると思います。

2つ以上のスキルを掛け合わせて希少性をあげる

野川さん_03

私たちの会社で主催している広告プランナーの講座では、webデザイナーやDTPデザイナーの方も受講しています。

その方々は、自分のスキル+webマーケティングのスキルを組み合わせて、仕事に繋げています。

1つのスキルでトップになろうと思うとセンスが必要。

ですが、いくつかのスキルを組み合わせることで、とても希少性が高くなります。

これからwebデザインで在宅で仕事がしたい方は、広告プランナーのスキルは、webで集客したり販売するには、必ず必要になってきます。

まとめ

自分が持ってるスキルと、もう1つ集客ができるスキルを組み合わせて、選ばれる人になってもらえたらなと思います。

今回は重宝されるwebデザイナーになる秘訣をお伝えさせて頂きました。

必要なのは、スキルとスキルを掛け合わせて希少性をあげること、

そして、なんといってもコミュニケーションが大事です。

ぜひぜひ、売れっ子デザイナーになるために参考にしてもらえたらと思います!

この記事を書いた人 アイコン

この記事を書いた人

野川 ともみ

専業主婦から広告代理店になった私の、唯一の特技は素直に行動すること。 スピリチュアルも好きだけど、願って叶うよりは、動き回って叶えるほうが最短だと思っている。 何か面白いことないかな〜が小さい頃からの口癖。 野川さん頭の中に消しゴムありますよねと言われるほど、忘れっぽいが、変なところは覚えている。 でも人間のいいところは忘れることにあるとすら思っている。 変な人と言われるとなぜかちょっと嬉しい。 やりたい仕事を好きな人とやると決めたら、 年商3500万円が年商2億に! とにかくさみしがり屋なので、一人で仕事したくないと思い、チームで広告代理店をやってます

タグ別で探す

女性の生き方応援レシピ The Cheers
オンライン講座で
趣味や経験を
生かせる方法を
一緒に探そう!

セミナー情報

過去のセミナーコンテンツを一部公開!